アンチエイジングで評判のMLM企業と製品の紹介

美魔女を作ると有名な話題の化粧品とサプリメントの会社情報

L-システイン入りのサプリメントでシミが消えるってほんと?

f:id:end_of_multi:20200219191618j:plain シミを消す効果が高いと思っていた、L-システイン

でも

厚生労働省認可の美白成分の中に~~

・アルブチン ・ビタミンC誘導体 ・エラグ酸 ・ルシノール ・プラセンタエキス ・カモミラET ・トラネキサム酸 ・リノール酸 ・コウジ酸 ・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩) ・マグノリグナン ・ハイドロキノン

L-システインが、なーい!!

以下の三種類のサプリメントは、シミに効くといわれている L-システイン配合のサプリメントです。

それぞれのサイトを開いてもらうとわかると思いますが、L-システインを配合することで、シミが消えると書いてあります。

でも、L-システインがシミを消すという根拠は? どこにあるんでしょうか・・・

おーーーっと!!見つけました

「正しいシミ対策」というサイト https://www.simiprotect.com/care/supplement.html

L-システイン
メラニン生成を抑えるとともに、皮膚のターンオーバーを促してメラニンの排出をサポートする成分。とくに、肝斑への効果が高いとされています。アミノ酸の一種ですが普段の食事からの摂取は難しく、欠乏状態になりやすいのが特徴です。

このほかに紹介されていたサプリ成分は、

ビタミンC 1日2000mgを目安に摂取する(メラニン色素の還元作用)

フィトケミカル ポリフェノールアントシアニンリコピンなどなかでも、レスベラロトール・アスタキサンチンピクノジェノールは美白効果が高い(抗酸化成分)

抗酸化ビタミン ビタミンA・E・β-カロテンなど(活性酸素を消去し、メラニン色素の生成をおさえる)

これらは、努めて摂取することで、シミに効果があると思われる成分ですね。

ていうか、美魔女なら普通に摂ってる。。。よね!

先ほどのサイトによると、皮膚科で処方されるシミ用の内服薬は、L-システインとトラネキサム酸が使われてるらしいよ。

どれくらいの量を処方されるのか・・・

実際に皮膚科で、肝斑の治療を受けた人の話なんだけど、その人の場合は、4種類の内服薬が処方されたそうですよ。

処方されるシミのお薬

トラネキサム酸錠250mg (1日3回・1錠ずつ)一日の服用量750mg

ハイチオール錠80 (1日3回・1錠ずつ)L-システイン 1錠中80mg 一日の服用量240㎎

ベクタン錠50㎎ (1日3回・1錠ずつ)ビタミンE 1回50~100mgを、1日2~3回経口投与 一日の服用量100㎎~300㎎

シナール配合錠 (1日3回・2錠ずつ)ビタミンCとビタミンB5 1錠あたり、1錠あたりに含まれるアスコルビン酸は200mg、パントテン酸が3mg ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんなに皮膚科で処方してくれるのなら、皮膚科に行くべきかもね~

ついでに、スキンケア成分のほうも見てみると、

できているシミに、効果を発揮すると考えられる成分

ターンオーバー促進

ターンオーバーを促進させてメラニンを押し上げ、肌から出すことでシミを薄くする効果を期待できます。 代表的な美白成分:エナジーシグナルAMP、レチノールなど

黒色メラニン淡色化

メラニンを還元することで、シミを薄くする効果があるといわれています。 代表的な美白成分:ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなど

ハイドロキノンは、とても漂泊効果が強い成分なので、配合率が4%以下は医薬部外品、4%以上になると医薬品になります。

配合率が高いものでは、皮膚の色が白く抜ける恐れもあるそうなので、顔全体に塗布するのではなく、気になる場所へスポット的に使用します。

また、ハイドロキノンなどは、肌の表面のシミを薄くする効果がありますが、肌の中のシミまで薄くしてはくれません。

ハイドロキノンの配合された美容液やクリームは、2.5%~4%で、結構、見つかりますね。

でも、効果が高い分、刺激が強いということも覚えておきたいですね。肌の弱い方なら、皮膚科で相談したほうがいいかもね。

 

まとめ

シミ一つとっても、いろんな対策を取る必要があるみたいですね。

抗酸化物質を取り入れた食事もそうだし、サプリメントもきちんと摂り、肌に刺激を与えないことも重要だし、ニキビができたときの手当も大事、日焼け対策も、もちろん大事、

でも、私たちは、シミを作らないためだけに生きてる訳じゃないので、適当に気を付けていくとしましょう~~